ヤフーT ポイント・ジャパン(TPJ)は、中小規模店舗向けに T ポイントサービス導入の提携営業を行う「T ポイント代理店契約」を新たに締結。両社で実店舗への「T ポイント」普及と拡大を目指していくと発表した。

今回の業務提携は、2012年6月にヤフーと TPJ の親会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が締結した戦略的資本・業務提携に基づいて結ばれたもの。CCC はこれまで、T ポイント専用端末「T-UNIT 1」および「T-UNIT 2」を通じて、中小規模店舗への T ポイントサービス導入を支援してきた。今回、ヤフーも Yahoo! JAPAN 版端末「T-UNIT 3」を自社で開発し、サービス導入店舗へ提供していくという。

ヤフー、中小規模店舗向け T ポイントサービス導入に自社開発の端末「T-UNIT 3」を提供
Yahoo! JAPAN 版 T-UNIT「T-UNIT 3」

T-UNIT 3は、T カード専用のカードリーダーとタブレット端末のセット。店舗は、イヤホンジャック型のカードリーダーをタブレット端末に差し込むだけで、T ポイントサービスを導入できる。端末には Huawei 製の7インチタブレットを採用し、大画面での直観的なタッチ操作で、ポイントの付与と還元が容易に行える。

また、タブレット端末には予め Yahoo! JAPAN が開発したアプリケーションがインストールされており、システムのアップデート時にはオンラインで簡単にアプリケーションの更新ができる。これにより、機器自体を刷新する必要がなく、店舗側の大幅なコスト削減に繋がるという。

店舗ではさらに、CRM 機能による顧客データベース管理も可能。優良顧客向けの販促キャンペーンなど、積極的に販促施策を展開できるようだ。

「T-UNIT 3」の特徴
「T-UNIT 3」の特徴

T-UNIT 3は、中小規模店舗向けに5月13日より募集告知を開始、6月7日より導入を実施していく予定。