富士通は6月中旬から、食・農クラウド「Akisai」(アキサイ、秋彩)の検証/実践の場として、沼津工場の敷地内に露地栽培と施設栽培からなる「Akisai 農場」を開設する。

富士通が沼津工場内に食・農クラウドを検証/実践する「Akisai 農場」を開設
「Akisai 農場」

食・農クラウド Akisai は、昨年7月に発表された、露地栽培/施設園芸/畜産に対し、生産/経営/販売などの農業経営全般を包括的に支援するサービス。今回「Akisai 農場」での検証/実践から得たデータをもとに、サービス開発を加速する。

「Akisai 農場」は沼津工場敷地内のハウス2棟(352平方メートル)、露地(約1,000平方メートル)で、仙寿菜、葉物野菜を施設栽培、キャベツ、大根など葉物や根菜を露地栽培し、データを取得する。

実証イメージ
実証イメージ