NTT 空間情報ゼンリンは、NTT 空間情報の衛星画像とゼンリンの住宅地図データをパッケージ化した空間コンテンツ「震災復興支援地図」を5月13日から提供開始すると発表した。

NTT 空間情報とゼンリン、衛星画像と住宅地図を重ねて表示できる「震災復興支援地図」提供へ
「震災復興支援地図」イメージ

震災復興支援地図は、NTT 空間情報が提供する最新の衛星画像「GEOSPACE 衛星写真」とゼンリンが震災後に制作した住宅地図データ「Zmap‐TOWNII」を GIS などのアプリケーションソフト上で重ねて表示できる地図データコンテンツ。

これにより、被災地の最新の地形や道路状況など、復興状況の変化を視覚的に把握することができる。加えて、復興に向けた自治体やインフラ事業者などによるインフラ整備計画の立案や、各市区町村における住民からの各種問い合わせの対応などに役立てることも可能だという。

提供エリアは、青森県、岩手県、宮城県、福島県、千葉県、茨城県の一部。提供単位は、衛星画像が25平方キロメートルから、住宅地図データが市区町村単位。

価格は、1地区1ライセンス税込み29万9,250円から。

そのほかオプションとして、利用者の用途に応じ、震災前・震災直後の衛星画像や震災前の住宅地図データを組み合わせたコンテンツも提供する。