富士通は、SDN に基づいた、ICT 基盤全体をネットワークワイドに最適化するアーキテクチャ「FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architecture」を確立、このアーキテクチャに基づいた製品の第一弾として、データセンター向けに、サーバー/ストレージ ネットワークリソースを一元管理/制御するソフトウェア、ネットワーク仮想化対応スイッチ、仮想アプライアンスプラットフォームの販売を開始した。

FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architecture は、SDN をネットワークだけでなく ICT 基盤全体に拡張、データセンター、広域ネットワーク、スマートデバイスの、特性の異なる3つの ICT 領域でリソースを仮想化し、「仮想インフラ層」と「分散サービス基盤層」の2つの階層で管理・制御するもの。

富士通、SDN 新アーキテクチャのデータセンター向けネットワーク仮想化製品を販売
3つの ICT 領域をまたぐ ICT 基盤アーキテクチャ構成図

サーバー/ストレージ ネットワークリソースを一元管理/制御するソフトウェア「FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator」は、データセンター領域で SDN を実行するものだが、今回確立したアーキテクチャーに基づいて、ネットワーク仮想化対応スイッチ、仮想アプライアンスプラットフォームなどのネットワーク機器の管理/制御機能を強化した。

プレゼンテーション/アプリケーション/データ層の Web 3階層モデルを含む業務システムに応じたシステムテンプレートに従い、仮想サーバー/仮想ストレージ/仮想ネットワークを自動配備、自動設定する。

今回販売を開始するネットワーク仮想化対応スイッチの「コンバージドファブリックスイッチ」と連携、仮想サーバーの追加/削除/移動に伴うネットワークの設定を自動的に行う。

また、今回販売を開始する仮想アプライアンスプラットフォームの「IPCOM VX シリーズ」と連携、仮想システム配備時に、システムごとのファイアーウォールやサーバロードバランサーも併せて配備できる。

ネットワーク仮想化対応スイッチの新製品「コンバージドファブリックスイッチ」は、仮想サーバーのライブマイグレーションに連動し、自動的に仮想ネットワークを設定/変更するもの。仮想化システムごとのネットワークの事前設定や、サーバー増設/交換/マイグレーション時のネットワーク設定変更などの煩雑さを解消できる。

既設のネットワークに接続すると、すべてのスイッチ間をメッシュ構造で最短で接続できる。これにより、スイッチ制御用の管理用のネットワークは不要となり、複数のスイッチを1台のスイッチとして一元管理できる。

「コンバージドファブリックスイッチ」(左)と「PRIMERGY コンバージドファブリックスイッチブレード」(右)
「コンバージドファブリックスイッチ」(左)と
「PRIMERGY コンバージドファブリックスイッチブレード」(右)

仮想アプライアンスプラットフォームの新製品「FUJITSU Network IPCOM VX シリーズ」は、ファイアウォールやサーバーロードバランサーなどの機能を統合したネットワークサーバー「IPCOM」を仮想化し、1台のハードウェアで複数の仮想「IPCOM」を動作できるもの。

これまで、仮想システムごとに独立して IPCOM を配備しなければならなかったが、IPCOM VX シリーズでは1台で複数の仮想システムに対応できるため、仮想システムを追加する際も、新たな IPCOM ハードウェアを追加する必要はない。

FUJITSU Network IPCOM VX シリーズ
FUJITSU Network IPCOM VX シリーズ