米国 Amazon.com の関連会社 Amazon Web Services は4月30日、Amazon Web Services(AWS) 認定プログラムを発表した。AWS 初の認定試験を開始し、さらに2013年中に複数の認定試験を追加する予定。

AWS 認定 プログラムは、AWS クラウドでアプリケーション/サービスの構築や運用に必要なスキルと技術の知識を持った IT 専門家を認定するもの。

日本語での提供も数か月以内に開始する予定。

AWS 認定資格を得るには、各専門エリアの AWS 認定試験に合格しなければならない。認定試験の準備として、AWS トレーニングが提供するコースを受講し、AWS サービスを学習することを推奨している。AWS 認定試験に合格すると、AWS 認定資格のロゴを名刺や履歴書に貼ることができる。

今回開始する認定試験は、「AWS 認定 Solution Architect アソシエイト レベル」。これは、AWS でのアプリケーションデザイン/デプロイメントに関する専門技術とソリューションアーキテクトのスキルに関するテスト。システムオペレーション(SysOps)アドミニストレーターやデベロッパーなど役割ごとの認定資格は、順次今年中に開始する予定。AWS 認定試験は世界100か国以上、750会場以上で行われる予定。