日立は、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のグローバル対応強化で、「Microsoft Windows Azure」と連携したハイブリッドクラウドソリューションを開発、販売を開始した。

国内企業のグローバル展開が加速する中、Windows 環境の既存 IT 資産をクラウド化し、海外事業展開に活用したいという顧客ニーズを受け、日立と日本マイクロソフトは、両社のクラウドを組み合わせたハイブリットクラウドソリューションに向け、ソリューション開発やその評価検証を進めてきた。

今回、日立は、日本マイクロソフトが2013年4月17日に発表した仮想専用網「Windows Azure 仮想ネットワーク」に対応、新たに「Windows Azure 向け VPN サービス」を開始する。

ハイブリッドクラウドを支えるネットワークサービスとして、回線のみならず機器までを冗長化し、帯域を保証した高品質ネットワーク環境を提供する。

また、Windows Azure に対応する日立のクラウドサービスプラットフォーム「Cosminexus」と統合システム運用管理「JP1」を適用、Windows Azure と連携したハイブリッドクラウドを実現した。

ハイブリットクラウドでは、日立のクラウドサービスの拠点である Harmonious Cloud センターと、Microsoft の海外データセンターを接続、日本に重要データを保持したまま、Windows Azure の基盤上でアプリケーションを稼働させることができる。

Cosminexus のアプリケーションサーバーを活用し、既存の Windows 業務アプリケーションのみならず、Java アプリケーションも Windows Azure の基盤上で稼働させ、IT 資産の有効利用を図ることができる。

日立、「Windows Azure 向け VPN サービス」を開始
「Windows Azure」連携によるハイブリッドクラウドの概要図