米国 Google は、地図サービス「Google マップ(Google Maps)」で屋久島のトレッキングコースの「ストリートビュー(Street View)」画像を公開した。画像の撮影は、「トレッカー」と呼ぶ機材を使って荒川登山口から縄文杉までのルートを2日かけて行った。これらの画像は、Google マップの地図と「ギャラリー」から閲覧できる。

Google「ストリートビュー」で屋久島の縄文杉トレッキングが可能に、ウィルソン株の中にも入れる
荒川登山口

この“仮想トレッキング”のスタート地点は荒川登山口。ルートを辿ると、トロッコ道小杉谷橋を経由して、コース中盤のウィルソン株で一休み。このウィルソン株は、内部のようすも撮影してある。

ウィルソン株
ウィルソン株

ウィルソン株の内部
ウィルソン株の内部

そして、そこから険しくなるコースを進むことでゴールの縄文杉に着く。

縄文杉
縄文杉

なお、これまで Google はカメラを搭載した自動車や手押し車(トロリー)、三輪車(トライク)スノーモービルなどを使って撮影し、世界中の街並みだけでなく、アマゾン川南極海中アルプス遺跡など多種多様な画像を公開してきた。

屋久島はトレッカーで撮影
屋久島はトレッカーで撮影

さらに、同社データセンター内の画像公開東日本大震災に関する記憶を保存/公開/共有する活動も行っている。

撮影のようすの紹介ビデオ