米国 HP は4月15日、OpenStack コミュニティへの関わりを強化する企業向け「HP Converged Cloud」製品を発表した。

発表された製品は、「HP CloudSystem 7.2」「HP CloudSystem Bursting Activation Services」「HP Cloud Messaging」。

HP CloudSystem は同社旗艦のプライベートクラウドソリューション。最新リリースである HP CloudSystem 7.2 では、OpenStack 統合機能が追加された。

OSS の柔軟性とエンタープライズにフォーカスされたプロビジョニング機能、クラウド管理/拡張機能を結びつけることにより、 「爆発的な」性能と KVM リソースプールに対応できるよう、OpenStack をてこ入れする。これにより、企業は、HP CloudSystem から外部のリソースを、直接タップ、従量制で支払うことができるようになる。

HP CloudSystem Bursting Activation Services は、企業やサービスプロバイダーがクラウドバースト機能を安全かつ瞬時にインストールして設定できるようにするもの。

HP の専門家は、クライアントが、ひとつの HP CloudSystem からもうひとつにバーストするのに必要となる HP CloudSystem ソフトウェアを設定できるようにし、複数の HP CloudSystem を横断して追加の能力にアクセスして、サービスプロバイダがオンデマンドの能力を顧客にもたらすことができるようにする。

HP はまた、企業の IT 要員が HP CloudSystem バースト技術を操作/管理できるように教育し、簡単にハイブリッドクラウドを開始し、効果的なリソース使用を促進する。

HP Cloud Messaging は、パブリッククラウドの製品群を拡大するもの。開発者が、サービスとして利用し、さらに多くのフォールトトレラント アプリケーションを構築し、複数のサーバーにメッセージを複製して、アプリケーションのダウンタイムを削減できるようにする。

HP Cloud Messaging は、振興の OpenStack Marconi API 標準を使い、言語と、システムをインストールしたり設定する必要のないフレームワークの独立性を提供することにより、アプリケーション間の情報交換の仲介者として機能する。

多くの大規模組織やサービスプロバイダが抱える、エンタープライズ級ストレージニーズを支援するために、HP は OpenStack Foundation に、プライベート/ハイブリッドクラウドのデプロイメントでの、Fibre Channel Storage のオーケストレーションとプロビジョニング用の青写真とソフトウェアを提出する。

それに従い、「HP 3PAR StoreServ Storage」と「HP StoreVirtual Storage」を含む HP Converged Storage 製品群は、 OpenStack 技術を、iSCSI とファイバーチャネルプロトコルの両方で支援する。

HP シニア VP 兼 Converged Cloud ジェネラルマネージャ Saar Gillai 氏は、以下のように語っている。

「企業は、ワークロードのポータビリティを増大させ、ベンダーロックインを避けるために、オープンソースクラウドソリューションを歓迎している。HP は、プライベート/パブリッククラウド環境全般を OpenStack でてこ入れする、業界の包括的ハイブリッドソリューションを供給する」

米 HP、エンタープライズ向けの OpenStack 関連製品を発表
HP トップページ