NEC ビッグローブ(BIGLOBE)は、サーバーとネットワークをソフトウェアで一括制御することでデータセンターを仮想化し、4月から運用を開始した。

サーバー仮想化に加え、ネットワークも仮想化、これまで約2週間かかっていたサーバーネットワーク(インフラ)構築を約10分に短縮したそうだ。

BIGLOBE データセンターでは SDN(Software-Defined Networking)による運用を2012年9月から開始しているが、ネットワークの仮想化では、SDN を実現する技術のひとつである OpenFlow 技術をベースに、NEC が独自開発した「ProgrammableFlow」と共通の基盤を活用した。

また、仮想化したサーバーとネットワークを連携させ、一括制御するクラウドコントローラーを独自に開発、これまで手動で行っていた「ネットワークリソースの確認」「機器1台1台への IP アドレスやインターフェイス番号の割り当て/設定」「サーバーとネットワークの接続」をすべて自動化した。これにより、サーバー台数、ネットワーク機器の種類など約10項目を入力するだけで2週間かかっていたインフラ構築を、約10分に短縮した。

仮想化したスイッチ間の接続にはトンネリングプロトコル VXLAN を採用、スイッチやルータなど既存の物理ネットワーク装置の設定を変更せず、複数拠点を接続できる。例えば、企業内の基幹システムや、他社データセンター上にある既存システムと、BIGLOBE データセンターに構築したサービスを接続することもできる。

クラウドコントローラーは OSS を中心に開発されたもので、「OpenFlow コントローラー」「ネットワークサービスコントローラー」「サーバーコントローラー」など、制御する機能別にコントローラーをモジュール化(分割)した。各コントローラーは個別に開発されており、機能ごとにバージョンアップできる。

BIGLOBE、独自開発のクラウドコントローラーでデータセンターを仮想化
クラウドコントローラー