ニワンゴは、ライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」において、鳥羽水族館で飼育している深海生物「ダイオウグソクムシ」のようすを4月30日8時から60時間生中継する。番組名は「ダイオウグソクムシたん60時間生中継@鳥羽水族館」。

絶食 vs 不眠、「ニコ生」で絶食5年目の“ダイオウグソクムシ”を今度は60時間中継―捕食シーンを見逃すな!?
ダイオウグソクムシはえさを食べるのか

2009年にえさを食べて以来、絶食状態が5年目に突入した深海生物「ダイオウグソクムシ/NO.1」がごはんを食べるかを飼育水槽にカメラを設置し、60時間徹底的に監視するという。

謎に包まれた「ダイオウグソクムシ」
謎に包まれた「ダイオウグソクムシ」

ダイオウグソクムシは、ダンゴムシやフナムシの仲間で、メキシコ湾や西大西洋周辺の深さ 200m から 1,000m の海底に生息し、堆積するに有機物や落ちてくる魚の死骸などを食べ「海の掃除屋」と呼ばれているが、生態はよく分かっていない。

同中継は3月29日から31日にかけて行った春の48時間放送の続編。放送枠を12時間延長した。