ドワンゴおよびニワンゴは、4月20日に行われた将棋ソフトウェアとプロ棋士の団体戦「第2回 将棋電王戦」の最終局となる「第5局」をライブ動画配信サービス「ニコニコ生放送」で生中継した。第5局は「GPS 将棋」が三浦弘行氏(八段)を破り、将棋ソフトウェア側の通算成績を3勝1敗1分けとした。コンピュータが公式団体戦でプロ棋士を下したのは、これが初めて。

人間対コンピュータの将棋戦「第2回 将棋電王戦」最終第5局、人間の負けで通算1勝3敗1分け
第2回 将棋電王戦

GPS 将棋は、金子知適氏などが開発したソフトウェア。第22回世界コンピュータ将棋選手権で1位を獲得した実績を持つ。今回の対局には670台以上のパソコンで構成したシステムで臨み、102手で投了。対局のもようは、現在も Web サイトで「タイムシフト視聴」できる。

第2回 将棋電王戦について、日本将棋連盟の会長である谷川浩司氏は「さまざまなドラマがあり、第3局で形勢が悪くなっても、現時点での最善手を指し続けていくコンピュータに、精神力の重要性を教えられました」と述べた。そして、第3回の開催については「前向きに考えていきたい」としている。

第2回将棋電王戦のエンディング PV

また、立会人を務めた田丸昇氏(九段)は「最近のプロの将棋は、似たような将棋が多い。勝又清和六段によれば、本局でGPS将棋は新手を指しました。将棋は無限の可能性があることを教わりました」と話した。

なお、これまでの結果は以下の通り。

第1局
第2局
第3局
第4局