アシストは、PostgreSQL の採用判断から環境構築までを行う「PostgreSQL コンサルティング支援サービス」を開始した。エンタープライズ向けサブスクリプションライセンスの「Postgres Plus Advanced Server」も対象に含まれる。

同社は、データベースに関するあらゆる顧客ニーズに対応すべく、商用 DB 製品「Oracle Database」、OSS の「PostgreSQL」、「PostgreSQL」ベースのエンタープライズ向け「Postgres Plus Advanced Server」、OSS コミュニティ版「MySQL」とそのブランチの「MariaDB」、DWH 専用データベース「Calpont InfiniDB」と、順次、取扱い製品や関連サービスを拡充してきた。

同社には最近、コスト削減や膨大なデータの迅速な活用の解決策として、商用、OSS に関わらず、用途に応じたデータベースの選定や使い分けのポイントに関する顧客企業からの問い合わせが急増しているそうだ。

そこで、アシストでは、システムごとに最適なデータベースを選定するための調査/検証からデータベース適用までを「コンサルティング支援サービス」として追加した。今回の「PostgreSQL コンサルティング支援サービス」はその第1弾。

アシスト、PostgreSQL の採用判断から導入を支援するコンサルティングサービスを開始
PostgreSQL トップページ

これまでは導入支援、既存システムからのデータ移行支援、バックアップ/リカバリ支援、研修サービス、プロダクトサポートなど、PostgreSQL 採用以降のサービスが中心だったが、「PostgreSQLコンサルティング支援サービス」は、PostgreSQL 採用が顧客ニーズに適切かどうかという判断段階から、PostgreSQL の導入効果を最大限に引き出す環境構築までを支援するもの。

価格は210万円から(税別)。