米国 Red Hat は4月15日、OpenStack エンタープライズ版とコミュニティ版に関する最新情報を発表した。それによると、OpenStack エンタープライズ版 をプレビュー版から「Early Adopter Program」(早期導入プログラム)版に引き上げた。また、Red Hat Enterprise Linux や Fedora、その派生物で稼働するコミュニティ版「RDO」の無償配布を行う。

さらに、Red Hat は、Red Hat Cloud Infrastructure ソリューションを採用を促進する、技術/サービスパートナーの世界的なエコシステム、「Red Hat OpenStack Cloud Infrastructure Partner Network」も同時に発表した。

Red Hat は2012年8月に、プライベート/パブリック/ハイブリッドクラウド IaaS を構築運用するための、OpenStack フレームワークに基づいた、Red Hat OpenStack ディストリビューションのプレビュー版をリリース、同社の商用サポートとハードウェア/アプリケーションベンダー認定エコシステムの付いた、業界唯一の企業向け OpenStack ディストリビューション計画への第一歩を踏み出した。

今回、Red Hat は、Red Hat OpenStack ディストリビューションを、プレビュー版から早期導入版へと引き上げた。

プレビュー版は、コミュニティ版 Essex に基づいていたが、今回の早期導入版は、Red Hat がコード貢献度第2位であるコミュニティ版 Folsom に基づいている。今月発表された OpenStack.org コミュニティの最新リリースである Grizzly では、Red Hat は企業コード貢献で第1位となっている。

同日配布が開始された RDO は、無償で利用できる、コミュニティ版ディストリビューションで、Red Hat Enterprise Linux、Fedora、その派生物で稼働する。

Red Hat、OpenStack エンタープライズ版を早期導入プログラムに引き上げ
OpenStack.org トップページ