私がオープンソースの積極的な利用を始めた頃、ソースコードは freshmeat や SourceForge で探すものだった。

2006年、Google は「Google Code」でオープンソースコードリポジトリ市場を震撼させた。私の行きつけは、Google Code へと移った。

GitHub が5周年を祝う ― 創設者たちのビジョンに感謝
現在、私は、オープンソースコードの検索、利用それにコードへの貢献で主に GitHub を利用している。

GitHub は5年前の今日(米国時間4月11日)創設された。GitHub 共同創設者の「mojomobo」こと Tom Preston-Werner 氏は5周年を祝い、Blog に次の投稿をしている。

「5年が経過した今、私は350万のユーザーと協力して600万のリポジトリを管理する158名のチームメンバーの1人であることをとても誇りに感じてい る。GitHub の5年の歩みは、平坦なものではなかった。GitHub を毎日利用し、大事にしてくれた素晴らしいコミュニティの人々がいなければ、この満足感は味わえなかっただろう」

GitHub は、商業的にも成功を収めた。2012年、GitHub はベンチャーキャピタルから1億ドルの出資を獲得している。

Git 自体は、Linux 創始者の Linus Torvalds 氏が2005年に開発したものだ。Git は当時から利用されてはいたが、大規模なサービスでの活用は2008年に登場した GitHub によるものが最初だった。そう、GitHub は、いまや大規模サービスとなったのだ。2011年に kernel.org がセキュリティトラブルに見舞われた際には、Linux Torvalds 氏は Linux カーネルツリーを一時的に GitHub に移行させた。

GitHub がオープンソースリポジトリ市場で支配的な地位にあるのは、十分な理由がある。バージョンコントロールとしての Git は、他の共同開発モデルよりも遥かに優れているのだ。Git を使えば、私のような開発者もどきであっても、コードをフォークし、いくばくかの変更を加えた後、コードを戻して貢献することができる。これは他のシステ ムでは難しいだろう。

Tom Preston-Werner 氏、Chris Wanstrath 氏、そして PJ Hyett 氏が5年前に GitHub を立ち上げるというビジョンを抱いてくれたことに感謝したい。あなたたちは、ソフトウェア開発の世界をより良いものにしてくれた。