Linux Foundation が4月8日、「OpenDaylight」プロジェクトの立ち上げを発表した。

このプロジェクトはコミュニティが企業の力を借り、SDN(Software-Defined Networking)に関するオープンで透明性の高いアプローチの構築を目指す OSS フレームワーク。

Big Switch Networks、Brocade、Cisco、Citrix、Ericsson、IBM、Juniper Networks、Microsoft、NEC、Red Hat、VMware がプラチナ/ゴールドメンバーとしてプロジェクトに参加している。

OpenDaylight では、ネットワークインフラの性能を高める技術や製品開発を目的とした、OSS プラットフォームの提供に専念する。

OpenDaylight の最初のコードは、2013年第3四半期にリリースされる予定で、寄贈や、オープンコントローラ、バーチャル オーバーレイネットワーク、プロトコル プラグイン、スイッチデバイスの改良といったプロジェクトが期待されている。

いくつかの企業や団体は、すでに開発貢献や主要技術の OSS 化の意向を示しており、これらは OpenDaylight 技術運営委員会(OpenDaylight Technical Steering Committee:TSC)がレビュー、採用を決定する。

Linux Foundation、SDN 構築に向けて「OpenDaylight」プロジェクトを発表
OpenDaylight トップページ

OpenDaylight 紹介ビデオ