米国 Google は、ユーザーが死亡するなどして放置された状態にある Google のアカウントをどのように処理するか予め指定しておける機能「Inactive Account Manager」を提供開始した。ただし、現在のところ日本からは利用できない。

Google、死後のデータをどう処分するかユーザー自ら指定可能に
Inactive Account Manager の設定画面

同機能を追加した理由について、Google は「自分の死を考えるのは嫌なものだが、残される人たちのために死後の準備をしておくことが大切だ」と説明する。この機能を使うと、対象アカウントの管理下にあるデータを削除するか、事前に決めた宛先へ送るかといった動作を、死後に自動実行するよう指定できる。

この自動処理は、該当アカウントが使われなくなって一定期間が経過すると実行される。実行までの期間は3か月、6か月、9か月、12か月のいずれかで、ユーザーが決める。また、自動処理でデータを送れるサービス/機能は、「+1s」「Blogger」「Contact」「Circle」「Drive」「Gmail」「Google+(Profile/Page/Stream)」「Picasa Web Album」「Google Voice」「YouTube」。

いずれの処理も、実行前に登録済み携帯電話へのテキスト メッセージと、指定されたメール アドレスへのメールで通知される。

まだ日本では使えない
まだ日本では使えない