IT インフラソリューションのネットワールドによると、宮崎銀行グループの IT 関連企業である宮崎市の宮銀コンピューターサービスが、新リモートバックアップサービスに、ネットワールドが販売する重複排除バックアップソリューション「EMC Avamar」を採用した。すでに本稼働を開始している。

導入対象であるリモートバックアップサービスは、宮崎県内の自治体や関連団体の BCP 強化を支援するもの。市町村が保有する住民情報などの重要データを同社のデータセンターにバックアップする。

なお、今回のシステム構築は、ネットワールドのパートナー企業である九電ビジネスソリューションズが担当した。

宮銀コンピューターサービス、「EMC Avamar」でリモートバックアップサービスを開始
リモートバックアップサービス概要図