IT インフラソリューションのネットワールドは、サーバー2〜3台で50〜200ユーザー用仮想デスクトップ基盤(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)を導入できるオールインワンパッケージ「Networld SVP for VDI」の販売を開始した。

Networld SVP for VDI は、仮想共有ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」を搭載、サーバーの内蔵ディスク領域を iSCSI 共有ストレージ領域として利用するため、外付け SAN/NAS ストレージが不要。

また、Networld SVP for VDI では、OS を含む VDI に必要なソフトウェアを、ユーザー規模に応じた最適な構成で Cisco UCS サーバーにプリインストール、初期設定と3年間保守までを基本パッケージとして販売する。

ネットワールドは2011年2月から、StorMagic SvSAN を搭載した中小規模向け VDI オールインワンパッケージを、20〜70ユーザーに対応できる構成で販売してきた。従来のパッケージの名称は「SVP for Citrix XenDesktop」「SVP for VMware View」。

今回シリーズを刷新、50〜200ユーザーの範囲で必要なユーザー数に合わせたシステム構成と価格で販売する。

100ユーザー以上には、インライン重複排除と Read(読み込み) / Write(書き込み)キャッシュ技術による、I/O 高速化とストレージ容量削減を実現する「Atlantis ILIO」を搭載することで、1仮想デスクトップあたり 100IOPS 以上の物理 PC を凌ぐ高速デスクトップ環境になるという。

今回販売する Networld SVP for VDI は、仮想デスクトップソフトウェアとして「VMware Horizon View」を搭載している。年内には「Citrix XenDesktop」版の販売も予定している。

ネットワールド、Cisco UCS にプリインストールの VDI オールインワンパッケージを販売
ハードウェア構成

パッケージ構成
パッケージ構成