米国 Microsoft は、Windows 8 タブレットに対する解像度要件を変更した。これは小さな変更ではあるが、大きな影響を与えるものとなるかもしれない。この変更により、タブレットメーカーは、iPad mini と競合できる7インチサイズの Windows 8 タブレットを開発可能になるのだ。

ZDNet  はこの件を次のように伝えた。

「新しいガイドラインでは、Windows 8 デバイスの最低解像度が1,024x768ピクセル(32ビット)にまで緩和されている。これは非常に大きな変更だ。以前のガイドラインでは、Windows 8 のハードウェア認定を受けるには、最低でも1,366x768 の解像度が要求されていた。Microsoft による声明では、新しいガイドラインは、即日有効となるとしている 」

Apple Insider は、Microsoft の声明を紹介している。

「新しいガイドラインは、パートナーに対して低い解像度を推奨するものではない。実際、顧客はより素晴らしい Windows 体験を得ることが可能な高い解像度を歓迎している。だが、特定の市場向けの設計を模索しているパートナーに対しては、今回の解像度の緩和が有効な場合もあると Microsoft は考えている」

Ars Technica は、Microsoft によるタブレットの捉え方に変化が見えるとしている。

「Windows 8 の開発中、Microsoft は同 OS が10インチ以上の画面サイズを前提として設計されていると述べていた。この仕様は、タブレットは PC のバリエーションの1つに過ぎず、これまで同社が開発してきたプロダクティビティデバイスとなんら変わらないものだという Microsoft の考えを反映したものだった。だがその後、Google Nexus 7、Kindle Fire HD、iPad mini といった10インチ以下の画面のタブレットが次々と成功を収めていく。これらのデバイスは、画面サイズは7インチか8インチであり、解像度は Google や Amazon では1,280x800 であり、iPad mini では 1,024x768 となっている」

SlashGear
は、7インチサイズの Windows タブレットは、売上が低迷する Surface タブレットを救うものになるかもしれないとしている。

「もし、7インチまたは8インチサイズの Windows タブレットが本当に世に出ることになれば、これは興味深いものとなるだろう。現時点では、Microsoft の Surface RT と Surface Pro タブレットの売上は低迷している。価格設定を誤まらなければ、Windows の小型タブレットは Android や iOS が独占するタブレット市場に入り込むことができるかもしれない」