米国 Google は、東日本大震災に関する記憶を保存/公開/共有する活動「未来へのキオク」の一環として、福島第一原子力発電所の事故にともなう警戒区域/計画的避難区域にある福島県双葉郡浪江町のストリートビュー画像を地図サービス「Google マップ」で公開した。

浪江町は、現在半分の地域が福島第一原発から 20km 圏内にあたる「警戒区域」、残り半分が「計画的避難区域」に指定されている。今なお町民2万1,000人が全国に避難している状況だ。「ふるさとの現状を町民が把握し、また、原発事故の状況を世界に向けて発信したい」(浪江町町長の馬場有氏)という要望に応え、Google が撮影した。

当初 Google は「ストリートビューの撮影には数週間程度かかり、数か月後に公開する予定」としていたが、撮影開始の発表から1か月もかからず公開に至った。

Google が浪江町のストリートビュー画像を公開、町長の馬場氏「ありのままの姿を避難中の町民に知らせ、世界へ発信」
この場所では近隣町村で最大の祭り「十日市祭」が開催されていた

倒壊した建物を現在も撤去できずにいる
倒壊した建物を現在も撤去できずにいる

甚大な津波被害を受けた浪江町の請戸地区
甚大な津波被害を受けた浪江町の請戸地区

Google は、馬場氏から画像公開に対して寄せられたコメントを公式ブロクで紹介している。その一部を以下に引用する。

「震災から 2 年経過した今でも、浪江町には自由に立ち入ることができません。多くの町民から、ふるさとの状況を見たいという声があります。また、世界的にも原発事故の悲惨な状況を映像で見たいという方がたくさんいらっしゃると思います。」

「Google の協力で、今回ストリートビューで町のありのままの姿を多くの町民の皆さまにお知らせできること、世界に発信できるということをとても、嬉しく思っています。」

「震災後も、世界は未来へと進んでいます。日本も、東日本大震災を教訓にしながら復興へ歩み始めています。しかし、浪江町は震災から時が止まったまま、原子力災害のため 2 年が経過しても応急的な処置しかできません。町の現状をご覧いただき、その重さを感じていただければ幸いです。」

「最後に、私達は約束します。原子力災害からの復興には、長い年月と多くの人々の協力が必要です。しかし、私達はふるさとを取り戻すことを決して諦めません。」

また Google は、ストリートビュー撮影について語る馬場氏のビデオを YouTube で公開しているが、同じ状況にある双葉町、大熊町、富岡町のストリートビュー画像撮影/公開を望む意見がコメントとして投稿されている。

撮影開始に対して語る町長の馬場氏

なお、以前から Google はさまざまな方法で被災地の支援につながる活動を展開している。こうした活動についての主な関連記事は以下の通り。

【ストリートビュー関連】
Google、福島県浪江町のストリートビュー画像を撮影開始、「未来へのキオク」サイトをリニューアル
Google「震災遺構デジタルアーカイブプロジェクト」、岩手/福島県34施設の被災パノラマ画像を公開
Googleが「震災遺構デジタルアーカイブプロジェクト」を開始、ストリートビューで震災の記憶の風化を防ぐ
Google、被災地ストリートビュー画像の対象エリアを2倍に拡大
Google が被災地のストリートビュー画像を公開、震災前後の比較も
Google 震災被災地のストリートビュー撮影を開始 -- 震災記録保存プロジェクト

【その他】
Google、東日本大震災 被災地域の最新衛星写真を公開
Google「未来へのキオク」、新機能追加で約5万件の写真/動画を見やすく
Google、「Messages for Japan」で仙台七夕まつりの写真を紹介
・ドリカムの被災地ライブ、Google と YouTube が生中継を実施へ
Google、モバイル版「未来へのキオク」を開設
「Google プレイス仙台キャンペーン」で地元経済を支援、ガチャピン/ムックも
Google、大震災を忘れないため「未来へのキオク」で写真/動画を公開
Google と YouTube、東日本復興支援企画の CM を全国放送
Google、「未来へのキオク」「東日本ビジネス支援サイト」で復興支援