米国 Oracle は、モバイルネットワークのトラフィック管理ソフトウェアを開発する企業「Tekelec」を買収すると発表した。Oracle が通信関連企業の買収を実施するのは、今年に入ってこれが2回目。

InternetNews.com はこの件を次のように伝えた。

「Oracle は、モバイルネットワーク管理技術の Tekelec を買収したと発表した。この買収により、Oracle はモバイルサービス市場に参入し、Cisco などの同市場の既存のプレイヤーへの戦いを挑む。買収価格などは明らかにされていない。Tekelec は、オール IP ネットワークに向けたソフトウェアを開発する企業。リアルタイムメトリックや、パーソナライズされたサブスクライブプラン、顧客に対するより高速で安定したデータサービスを提供可能にすることで、モバイルブロードバンドインフラの管理とマネタイズを支援する」

Register は、Oracle がサービスプロバイダー向け市場への参入を目指していると指摘している。

「Oracle は Tekelec のネットワークシグナリング、ポリシーコントロール、サブスクライブデータ管理技術を、Oracle Communications 部門が販売する通信企業向け製品スイートに追加する。この買収により、データベース企業である Oracle は、サービスプロバイダー向けビジネスを拡張する」

eWeek は、Oracle による通信関連企業の買収が今年2つ目であることを伝えた。

「Oracle による通信関連企業の買収は、これが今年2つ目。同社は2月4日には、 VOIP ベンダーである Acme Packet を17億ドルで買収している」

All Things D は、Oracle が Tekelec の技術を Acme Packet の技術と統合する予定であると伝えた。

「Oracle は声明の中で、iPhone や iPad 、それに Android デバイスといった『スマートモバイルデバイス』の普及によって、データトラフィックが急増していると指摘している。このトラフィックの増加により、サービスプロバイダー各社は、自社ネットワークのトラフィックロードを効率よく管理する必要性に迫られている。

Tekelec の管理ソフトウェアは、すでに300を超える世界中のサービスプロバイダーに採用されている。さらに、Oracle は Tekelec の機能を今年2月に17億ドルで買収した Acme Packet の機能と統合する予定だとしている」