日立製作所は、ATM のジャーナル集中管理や監視/運用、リモートメンテナンスの3つをメニュー化し、ネットワークを介して利用できるクラウドサービス「ATM クラウドサービス」を4月1日から開始する。金融機関の基幹系システム、チャネル系システムで豊富な実績のある Harmonious Cloud センターを活用しており、データの暗号化やアクセス操作履歴の取得など、情報漏えい対策を施している。

このサービスは日立オムロンターミナルソリューションズが提供している ATM 周辺サービスがベースとなっており、保守/運用は日立システムズが行う。

日立グループがワンストップでサービスを提供するため、金融機関は必要なサービスをメニューの中から選択し、組み合わせて利用できる。また、障害が発生した場合でも日立保守員が迅速に対応するため、ATM の停止時間を短縮できるので、稼働率も向上する。ATM の運用効率化が見込まれるため、OHR(Over Head Ratio)軽減に役立つという。

日立、ATM の運用管理をサポートする「ATM クラウドサービス」を開始
ATM クラウドサービス全体イメージ

日立は今後も、ほかのシステムとも連携した ATM 取引業務のレベルアップや BCP 対策など、金融機関のニーズに応える新しいクラウドサービスを開発/提供していくという。