ネットワークセキュリティ技術のチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、IT セキュリティのベストプラクティスや各種規制の知識を活用した統合リアルタイムコンプライアンス監視ソリューション「Check Point Compliance Software Blade」を発表した。

Compliance Software Blade は、セキュリティポリシーがグローバルな規制を遵守していることを担保し、適切なセキュリティレベルが維持されているかを検証することで、組織の監査時間を短縮し、セキュリティの向上を図り、コストを削減するもの。

Check Point の Software Blade アーキテクチャに完全に統合されており、Check Point の各種ゲートウェイ、およびゲートウェイで機能するネットワークセキュリティ Software Blade 全体にわたって、コンプライアンス状況を包括的に把握できる。

米南フロリダ大学の健康情報セキュリティ担当者である Tim Bulu 氏は、以下のようにコメントしている。

「Compliance Software Blade は、あらゆる変更を監視し、コンプライアンスに関する潜在的な問題について警告するなど、セキュリティ管理者のもう1つの目として機能する。中でも、ポリシーの変更を推奨して、遵守していない項目のコンプライアンス達成をサポートしてくれる点には特に助けられている。これにより、私たちの組織のセキュリティは強化された。Check Point から動的な評価や頻繁なアップデートがあるため、今後も各種規制に安心して対応できると確信している」

チェック・ポイント、セキュリティ/コンプライアンス自動監視の「Compliance Software Blade」を発表
チェック・ポイントのトップページ