富士通研究所は、パソコンの Web カメラやスマートフォンの内蔵カメラで5秒ほど顔を撮影すれば脈拍が計測可能となる技術を開発した。健康チェックなどの用途に利用可能なほか、脈拍から不審者を探し出すセキュリティ技術としても応用可能と見込む。同社は、2013年度中の実用化を目指している。

この脈拍計測技術は、血液中のヘモグロビンが緑色光を吸収することを利用し、血流で生ずる顔表面の輝度変化を脈拍へ換算する。専用の計測機器を体に取り付ける必要がなく、パソコンやスマートフォン、タブレットといった身近な機器のカメラでリアルタイムに脈拍を測ることが可能となり、負担をかけずに測定できる。

スマホで顔を5秒写せば脈拍が測定可能、富士通研が計測技術を開発
顔表面の輝度変化を脈拍へ換算

さらに、撮影している同画像から顔や体の動き、向きなどのノイズ情報を除去することで、ユーザーに意識させず脈拍を一日中、継続的に測れる。例えば、職場でパソコン作業を行っていて体の動きが比較的少ないタイミング、家庭でテレビを見ているとき、鏡の前で身支度しているときなどに脈拍を自動計測する、といったシステムが実現可能だ。

脈拍を継続的に測れる
脈拍を継続的に測れる

なお、スマートフォンと連携したオンライン健康管理サービスに取り組む企業が増えており、楽天と東芝は女性向け美容健康サービス「楽天キレイ℃ナビ」を開始し、NTT ドコモ傘下のドコモ・ヘルスケアは「docomo Healthcare」の後継サービス「わたしムーヴ」を4月より提供する。