フリービットは、ディザスタリカバリー(DR)ソリューション市場向けに、クラウド領域でのソリューションサービスとして、フリービットクラウド「Cloud Backup」、「Cloud Disk  ローカル バックアップ」の2サービスを開始した。

Cloud Backup は、世界各地で取得ずみの、SDN(Software Defined Network)関連の特許技術を採用したもので、閉域網に設置した東京/大阪、アジアの通信ハブの一つである香港のバックアップセンターにバックアップできる。月額サービス料金は 100GB あたり5,000円程度で、事業者向けに OEM で販売する。

「Cloud Disk ローカルバックアップ」は、多重化された、中小規模向けクラウドストレージ/ファイルサーバーサービス「Cloud Disk」のデータを、オフィスなどに設置された「非クラウド」のバックアップ専用機にさらにバックアップするサービス。バックアップ専用機は、中国の大手エレクトロニクス機器メーカー、aigo の全面協力で独自に開発した。当初は、代理店18社から販売を開始。エンドユーザー価格は月額5,000円〜1万円(5年リースの場合)の予定。

フリービット、SDN や多拠点、独自ハードで DR 市場に本格参入
「フリービットクラウド」ロゴ

従来の遠隔地バックアッ サービスとの比較
従来の遠隔地バックアッ サービスとの比較