アカマイ・テクノロジーズラックは、大規模化、巧妙化で深刻なダメージを与える分散サービス妨害攻撃(DDoS 攻撃)の防衛策として、Akamai KONA セキュリティソリューションと、ラックのセキュリティサービスで提携、サービスを開始した。

KONA セキュリティソリューションは、データ窃取、大規模 DDoS 攻撃やそれによるサービスの停止を防ぐ、クラウドコンピューティング セキュリティ。Web システムが100%停止しないサービスで、DDoS 攻撃は止められないという常識を覆す。

世界81か国に展開する Akamai の約13万台のサーバー群によるネットワークを提供、クラウドコンピューティングネットワークに仮想的に企業システムを構築し、DDoS 攻撃を受け止め、システムが安定稼働を続けられるようにする。

また、データ窃盗やダウンタイムを防ぎ、サービス妨害攻撃を軽減する設計になっている。

ラックは、Akamai KONA セキュリティソリューションの販売に加え、国内最大級のセキュリティ監視センター JSOC における監視サービスで蓄積したノウハウがあり、DDoS 攻撃対策を含めたセキュリティサービスで協業する。

アカマイとラック、13万台のサーバーネットワークで DDOS から企業を防衛
Akamai KONA セキュリティソリューションの概要

DDoS 攻撃は、複数のコンピュータからネットワーク経由で大量の不正なデータを企業の Web システムに送信してシステムを使用不能にして、麻痺させ、事業継続に重大な影響を及ぼす。

DDoS 攻撃は、通常の通信と区別がつかないので排除が難しく、管理上のミスがなくても被害が発生する。さらに近年、業界に照準を絞った高度で大掛かりな攻撃や、ファイアウォールを回避する Web アプリケーション層への攻撃など、高度化した攻撃が増加しており、予測不能な攻撃に対する防御は、企業にとって緊急課題となっている。