フリービットは、SDN(Software Defined Networking)のひとつである「Emotion Link」の中核技術の「サーバー」に関連した特許権を中国で取得した。これにより、世界の重要な地域での特許権取得を完了した。

Emotion Link に関連する特許は、日本、米国、ヨーロッパ、韓国ですでに取得しており、中国でも2010年11月に「中継装置技術」に関して特許権利化が完了していが、今回、約10年の歳月を経て「Emotion Link」の中核技術、「ルーティン サーバー」に関する特許権を取得した。世界の重要地域全域で、Emotion Link の重要な範囲に関する発明が認められたことになる。

SDN とは、ソフトウェアで仮想的なネットワークをつくり、セキュリティ/サービス品質を保証する技術全般。ネットワークの物理的な制約を回避し、ネットワークを柔軟に構築できるという利点がある。

Emotion Link は、 ルータなどのハードウェアで構築された柔軟性の乏しいネットワークで、SDN でネットワークを構築できるようにするコアコンポーネント。既存のネットワークに一切手を加えずに、PC、iPhone/Android などのスマートフォン、SD カード、家電、センサーなどの機器を、IPv4/IPv6 両方の仮想ネットワークに対応させることもできる。

フリービット、SDN 関連技術「Emotion Link」特許を中国で取得
Emotion Link のコンセプト