PCERT コーディネーションセンターと情報処理推進機構(IPA)が共同で運営する JVN(Japan Vulnerability Notes)は3月7日、複数の Cisco 製品の SSH 実装に、サービス運用妨害(DoS)の脆弱性が存在する、と注意を喚起した。

この脆弱性により、リモートの第三者からサービス運用妨害(DoS)攻撃を受ける可能性があることから、JVN では、開発者の情報をもとに、最新版にアップデートするよう、促している。

米国 Cisco も、同社の小規模ビジネス向けスイッチに、リモートから DoS 攻撃を受ける可能性のある脆弱性が存在することを認めており、アップデートも利用できる。

JVN、複数の Cisco 製品に存在する DoS 脆弱性で注意喚起
Cisco、DoS 脆弱性で警戒警報