米国 Big Switch Networks は、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)ネットワンシステムズと販売代理店契約を締結し、オープン SDN(Software-Defined Networking)ソリューションの日本国内での販売を発表した。

SDN のビックスイッチ、日本市場参入で CTC などを代理店に
Big Switch Networks の SDN 製品群を中心としたデータセンター構成例

販売するのは、SDN ネットワークアプリケーションプラットフォーム 「Big Network Controller」、ネットワーク仮想化アプリケーション「Big Virtual Switch」、ネットワーク監視アプリケーション「Big Tap」 の3点。

Big Switch Networks の共同創業者兼 CEO の Guido Appenzeller 氏は以下のように語っている。

「日本は、SDN において世界最大かつ最も洗練された市場であり、Big Switch Network にとって非常に重要な市場だ。SDN には企業ネットワークの構築や運用方法を大きく変革し、非常にダイナミックなクラウド環境を構築するための課題を解消できる可能性をもっている、と我々は確信している」

製品価格は Big Network Controllerと Big Virtual Switch の組み合わせが年額1,240万円から、Big Network Controller と Big Tap の組み合わせが年額450万円からとなっている。