東日本旅客鉄道(JR 東日本)は、東京駅利用者の利便性を向上させるため、駅構内全体で公衆無線 LAN(Wi-Fi)を利用可能とするほか、スマートフォン用アプリケーションおよびワンセグ放送を通じて鉄道関連情報を提供すると発表した。2013年4月より実施していく計画。

JR 東日本、東京駅全体で公衆 Wi-Fi 開始へ、スマホアプリとワンセグで情報配信
「山手線エキナカネット」アプリ

一般的に鉄道の駅で提供される公衆 Wi-Fi サービスは、利用可能なエリアが限定されているという。そこで、東京駅では4月からサービスエリアを順次拡大させ、最終的に駅構内なら場所を選ばず利用できる環境を整える。

鉄道関連情報の配信は、Wi-Fi 経由のアプリケーション「山手線エキナカネット」(Android 版/iOS 版)と、エリアワンセグ放送「37CH」で行う。情報の内容は、駅改札付近に設置している案内用ディスプレイに準じ、列車遅延/振替輸送、新幹線の発車情報といったもの。特にワンセグ放送には、震災発生などの緊急時でも利用制限をかけることなく、一度に多数の利用者へ情報提供できるメリットがある。

山手線エキナカネットによる情報配信
山手線エキナカネットによる情報配信

ワンセグによる情報配信
ワンセグによる情報配信
上:平常時
下:遅延時

なお、ワンセグ放送による情報配信は、2013年12月までの試行サービスという位置付け。