日立は、 POS データや会員情報などの顧客データ、 Twitter などのソーシャルネットワーク上の情報を活用した販売戦略や商品企画などの立案を支援する、小売業向け「流通分析ソリューション」の販売を6月1日より順次、開始する。
日立、小売業向けビッグデータの活用支援「流通分析ソリューション」を販売
「流通分析ソリューション」概念図

施策立案などを支援する「商品分析システム」、会員へのアプローチ施策の立案を支援する「顧客分析システム」、 POS データとソーシャルネットワーク上の情報と組み合わせて分析する「ソーシャルメディア連携システム」の3メニューがある。

データの検索と分析をする高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム」や統合システム運用管理「JP1」と組み合わせた販売となるため、システムを迅速に導入できることが特徴だ。

また、日立のビッグデータ利活用の専門家「データ・アナリティクス・マイスター」による、本ソリューションを活用したデータ分析/戦略策定支援サービスもあわせて提供する。

このサービスは、近年の小売業界で商品サイクルが短命化していることに対応、ヒット商品の発掘、 PDCA サイクルに合わせた情報活用などのニーズに応えるもの。また、新規ビジネスの仮説検証などの業務改善プロセスをつくることもできる。