NEC は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)に搭載された蓄電池を、電力の供給バランス調整に活用する、デマンドレスポンス技術を開発した。

デマンドレスポンス(DR)技術とは、電力供給の効率を高めることを目的に、消費者の電力消費量(需要)を調整するというもの。

今回 NEC が開発した DR 技術は、多数台の EV/PHEV が搭載する蓄電池(100万台で発電所一基程度に相当)の充電タイミングを一度に解析し、様々なパターンの総充電量を簡易に推定できることが特徴だ。

こうして得た電力の需給予測と利用できる EV/PHEV の台数や時間などの情報を基に、 EV/PHEV を充電する前日に「 DR 技術を実施する時間(コア時間)」と「制御する総充電量」を決定し、充電タイミングの目標を立てる。

充電当日は目標に合わせて実際に利用できる EV/PHEV を充電し、総充電量の不足分は総充電量に制約を課さないコア時間外に充電する。

これにより、電力会社からの電力需要を満たしながら多数の蓄電池を最適なタイミングで充電でき、 EV/PHEV ユーザーの使い勝手を損なうことなく低炭素で安定した電力システムの実現が可能になった。

再生可能エネルギーの普及が推進されるなか、天候に左右される自然エネルギーによる発電の需給バランスを調整する新しい方法として、このような消費者の電力消費量をコントロールする DR 技術の導入が期待されている。

NEC が電気自動車やプラグインハイブリッド車に搭載された蓄電池を用いた、次世代デマンドレスポンス技術を開発
コア時間と非コア時間を分けることにより効率化を実現する