ネットギアジャパンは、手ごろな価格で10ギガビットイーサネットを構築できる、中小企業向けフル10ギガビットスイッチの販売を3月から開始する。

今回発売するスイッチは、中規模エンタープライズ/キャンパスネットワーク向けの、10ギガビット24ポート M7100 シリーズフルマネージスイッチ「M7100-24X」と、小規模ネットワーク向け ProSafe Plus 10ギガビット8ポートスイッチ「XS708E」の2種類。特に XS708E は、このクラスでは初めて、20万円以下の販売となる。

M7100-24X は、10ギガビットイーサネットの ToR(Top-of-Rack)型サーバーアクセスレイヤーを必要とする、エンタープライズやキャンパススタイルネットワーク向けに、高信頼性、高密度、高性能な10ギガビットイーサネット集約ネットワークを構築するのに最適だそうだ。

低レイテンシやラインレート転送が可能で、24ポート 10GBASE-T(RJ45)のフルマネージスイッチで、10ギガビット対応のサーバーやストレージを使っているネットワークをアップグレードできる。また、SFP+スロットを4つ搭載しているので、オプションのモジュールを追加するだけで、10ギガビット光トランシーバ―を使用した高速通信が利用できるようになる。

XS708E は、7ポートの10ギガビットポートと1ポートの10ギガビット RJ-45/SFP+コンボポートを搭載した、アンマネージプラススイッチ。手ごろな価格で、フル10ギガビット環境を構築できる。10GBASE-T には LAN ケーブル(Cat6e/Cat7 ケーブル)を利用できるので、最小限の変更で、ネットワークをギガビットから10ギガビットにアップグレードできる。

プラグアンドプレイのアンマネージスイッチと比べても基本機能が強化されており、VLAN、QoS、IGMP スヌーピング、リンクアグリゲーション、レート制限、トラフィック監視などの機能により、ネットワークパフォーマンスを最適化できる。

小規模な組織に最適で、10ギガビット対応のサーバーやストレージを使っているネットワークに、シンプルな10ギガビットイーサネット接続を提供する。

想定販売価格は、M7100-24X が157万5,000円、XS708E が19万9,500円で、いずれも税込。

ネットギア、中小規模向けに手ごろな価格のフル10ギガビットスイッチを販売
製品写真