米国 WobbleWorks は、プラスチックを使って空中に線を描ける 3D(3次元)プリントペン「3Doodler」を開発している。現在、Kickstarter で製品化に向けて出資者を募集中。

空中に3D アートが“描ける”ペン「3Doodler」、Kickstarter で出資者を募集中
空中に3D アートが“描ける”ペン「3Doodler」

3Doodler は、ABS/PLA プラスチックを使って空中に線画を描ける3D プリントペン。空気中で素早く凝固するプラスチックをペン先から押し出すことで、3D オブジェクトを作成できる。

プラスチックを押し出して “立体アート”が作れる
プラスチックを押し出して “立体アート”が作れる

また、「ステンシル」と呼ばれる型を使えば、より複雑な3D オブジェクトを作ることも可能。ペンで型をなぞった後に、描画したオブジェクトを取り外せば完成となる。同社は、ステンシルのオンライン販売サイトや、3D オブジェクト作品を共有できるコミュニケーションサイトも用意する予定という。

エッフェル塔の「ステンシル」
エッフェル塔の「ステンシル」

なお、現在ハンドメイド作品販売サイト「Etsy」の出品者とコラボレーションしている。ワイヤアーティストの Bud 氏は 3Doodler を使った動物の3D アートを出品している。また、Nakisha 氏は、同製品購入者のために3D オブジェクトのテンプレートを作成中。

Bud 氏による 3Doodler を使った動物アート
ud 氏による 3Doodler を使った動物アート

3Doodler とプラスチック1袋のセットは、Kickstarter で50ドルの出資をすれば予約が可能。日本への送料は別途10ドル必要となる。出荷は2013年の9月を予定。ただし、WobbleWorks が資金集めに失敗する可能性もあるので、注意が必要だ。

「3Doodler」紹介ビデオ