米国 Amazon.com の関連会社、Amazon Web Services は、プロビジョニング/設定管理/デプロイメント/監視/アクセス制御などを行う、アプリケーションライフサイクル管理ソリューション「AWS OpsWorks」を発表した。

AWS Management Console で数回クリックするだけで起動できる。開発者はアプリケーションのモデリング/デプロイメント/拡張/保守に必要なタスクをすべて統合管理できる。

OSS のシステム統合フレームワーク「Chef」を利用しており、開発者は現状のレシピやコミュニティが作成した何百という設定を活用できる。

アプリケーションを効率的に管理するために、イベント駆動型の設定システムと豊富なデプロイメントツールが利用できる。カスタム可能なデプロイメント、パッチ管理、オートスケーリング、自動修復をサポートする。アプリケーションは、設定を更新し、ボタンをクリックするだけでアップデートできる。

従来のアプリケーション管理は、複雑で多大な時間がかかり、開発者は、柔軟性と管理性が下がる管理ツールを選ぶか、ツールを自作しなければならなかった。このような課題を取り除くために設計されたのが、AWS OpsWorks だそうだ。

AWS OpsWorks を利用するのに追加料金は必要ない。アプリケーションを格納や稼働させる AWS リソースの使用料だけで、AWS OpsWorks を利用できる。AWS OpsWorks は東京リージョンを含むすべてのパブリックリージョンで利用できる。

AWS、Chef ベースのアプリライフ管理ソリューションを発表
紹介ビデオより

OpsWorks の紹介ビデオ