日本 IBM は、「エキスパート・インテグレーテッド・システム」で「POWER7+」を採用したクラウド向けシステム「IBM PureApplication System W1700」(W1700)の販売を2月28日から開始する。

「エキスパート・インテグレーテッド・システム」とは、専門家の知見とスキルを実装してコンピューティング資源をあらかじめ最適に統合、計画/導入/運用までの作業を簡素化するもの。

IBM PureApplication System は、サーバー/ストレージ/ネットワークなどのハードウェアと OS、さらにアプリケーション サーバーや RDBMS などのミドルウェアをあらかじめ統合、部品調達や構築、セットアップ時間を削減するクラウドシステム。

稼働業務の特性や量に基づいて、コンピューティング資源の構成や運用管理ポリシー、障害発生時の対応などを定義した「パターン」を適用すると、パターンに応じて自動的にコンピューティング資源を確保して仮想サーバーを構成、運用管理も自律的に行う。

あらかじめ制御方法をパターンに定義しておくと、繁忙期に一時的に業務量が増えても、自動的にコンピューティング資源を追加したり、障害を検知した場合、処理を代替の仮想サーバーに引き継ぐこともできる。

販売を開始する W1700 は、サーバー資源に POWER7+搭載サーバーを採用したクラウドシステム。1プロセッサコア当たり最大20台の仮想サーバーが稼働できる。また、W1700 に採用されている仮想化技術 PowerVM は、サーバー仮想化をハードウェアで実現するもので、セキュリティ上の脆弱性が一度も報告されていないという。

日本 IBM では W1500 のラインアップに新たにエントリーモデルを追加、1月から販売を開始している。また、ビッグデータ高速分析(データウェアハウス)向けに最適化された「エキスパート・インテグレーテッド・システム」で、分析処理スピードが既存モデルの3倍ある新ハイエンドモデル「IBM PureData System for Analytics N2001」(N2001)を追加し、2月1日から販売を開始している。

日本 IBM、POWER7+搭載「エキスパート・インテグレーテッド・システム」を販売
IBM PureApplication System W1700