The Linux Foundation は、OSS プロジェクトや企業が中立的な環境で交流できる技術カンファレンス「CloudOpen Japan 2013」を、5月29日から3日間、ホテル椿山荘東京で開催する。

国内外の Linux 開発者が集結する国際技術会議「LinuxCon Japan 2013」と同時開催となる。2012年8月米国カリフォルニア州サンディエゴで初回開催した「CloudOpen」に続き、今回日本でも開催することになった。

CloudOpen は、クラウドソリューションのデプロイや開発を行うソフトウェア開発者/IT 管理者を対象としたイベント。Chef、Gluster、Hadoop、KVM、Linux、oVirt、Puppet、Xen などの技術コンテンツのほか、ビッグデータ戦略、オープンクラウドのプラットフォーム/ツールなどを特集する。また、OSS のベストプラクティスと、それらが企業データや API などのトピックとどう関係するかについても取り上げる。

LinuxCon Japan でも CloudOpen Japan を併設
CloudOpen Japan 2013