OSS クラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を普及促進する「日本 OpenStack ユーザ会」(JOSUG)は3月12日に秋葉原コンベンションホールで、日本で初めての OpenStack 専門カンファレンスである「OpenStack Day Tokyo 2013」を開催する。

国内初の OpenStack カンファレンス、3月に開催
OpenStack Day Tokyo 2013

OpenStack Day Tokyo 2013 では「OpenStack - Business Ready!」をテーマに掲げ、クラウドサービス提供者、技術者や経営者層、ビジネスユーザーなどのクラウド利用者に、クラウド市場の新しい発展の方向性を示し、すでに実用段階に入った OpenStack のメリットを再認識できる機会を提供する。

基調講演では、OpenStack プロジェクト共同創始者の1人で、現在 OpenStack Foundation の COO、Mark Collier 氏が、「The Rising Stack: How & Why OpenStack is Changing IT」と題した講演を行う。また、同じく基調講演として、国立情報学研究所(NII)アーキテクチャ科学研究系特任教授、横山重俊氏が「Education and Research on Open Cloud」と題した発表を行う。

OpenStack(オープンスタック)は、パブリック/プライベートクラウド基盤を構築する OSS で、グローバルなコミュニティにより開発されている。標準的なハードウェア上で、KVM、Xen、VMware ESXi、Hyper-V などの仮想化ソフト(ハイパーバイザー)と組み合わせ、IaaS(Infrastructure as a Service)やストレージサービスを行う仮想マシンやストレージ、ネットワークの管理機能などを提供する。

OpenStack プロジェクトは、2010年、大手データセンター事業者である米国 Rackspace と米航空宇宙局(NASA)が中心となって開発し、2012年に設立された非営利団体 OpenStack Foundation に、開発やライセンスの管理が移管された。その後、HP、IBM、DELL、Cisco、Red Hat など大手ベンダーをはじめとする、80か国180以上の企業・団体の支持を得て、6,000名以上の開発者を抱えるまでに成長した。