NEC小田急電鉄に、 「SDR」(Software-Defined Radio:ソフトウェア無線)技術を採用した新列車無線システムの納入を開始した。これにより、列車無線のデジタル化が実現される。2016年7月の全面稼働に向けて、順次納入予定だという。

NEC、小田急電鉄にソフトウェア無線による新列車無線システムを納入開始
小田急電鉄の新列車無線システム

列車の過密ダイヤに伴う安全走行への関心の高まりと、総務省の「周波数再編アクションプラン」などを背景として導入された新システムで、従来問題となっていた様々な点を解決する。

まず1台の無線機器装置で複数の鉄道事業者と通信できるため、従来のように鉄道事業者ごとに無線機器を搭載する必要がなくなり、省スペース化が実現した。

また音声通信のみのアナログ方式の列車無線からデジタル方式に変更することで、音声通話に加えてデータ通信も可能となる。これにより運転司令からの指示や運行状況がモニターに表示され、情報伝達が迅速かつ正確になるという。

さらに異なるハードウェアでも、ソフトウェアを移植することで、同一機能の装置を長期間供給できるようになる。従来は使用部品の供給が給停止されると、製品を供給するのが困難になっていた。

ソフトウェア無線システム
デジタル列車無線 SDR(ソフトウェア無線)