タグシクス・バイオと大日本印刷(DNP)は、人工 DNA を含んだ偽造防止効果の高い印刷用インキを開発した。第三者による模倣が極めて困難で、高度な真贋判定を必要とするため、金券などの印刷物の偽造を防止できるという。

偽造が困難、人工 DNA を使った印刷用インキを DNP などが開発
リスの部分に人工 DNA インキを印刷した金券

これまで、二重らせん上の4種類の塩基配列により遺伝子情報を伝達する DNA の仕組みを利用し、塩基配列を任意に設計する方法は、高度な偽造防止技術として注目を集めていた。しかし特殊な分析装置や解析技術があれば複製が可能なため、さらに高度な偽造防止技術が求められていた。

今回の人工 DNA 含有インキは、基本となる4種類の塩基に加えて、人工的に作り出した塩基対を組み込んだ DNA を利用。人工 DNA の分析には特殊なノウハウを必要とするため、第三者による模倣は困難だという。また人工の塩基が組み込まれているため、人の接触などにより混入した DNA との区別が容易で、誤認を防ぐことができる。さらに光に強い塩基配列の人工 DNA の使用や、表面の保護インキによるコーティングで、DNA の保存性も改善された。

金券50万枚の制作費用は、DNA インキを使用しない場合よりも10〜20%程度の増加で抑えられるという。今後は、国内外の貨幣やパスポートなど向けに販売していく予定。