米国 Microsoft が Linux 向け、特に Ubuntu 向けの MS Office のリリースを2014年に予定しているという噂が流れている。Phoronix など、Linux 関連のニュースを扱う複数の米国メディアが伝えている。

Phoronix は、ベルギーのブリュッセルで開催されたオープンソース開発者向けのイベント「FOSDEM 2013」において、Microsoft が Linux 版 Office のリリースに強い関心を抱いているという情報を入手したと伝えている。MS Office は Wine などを利用すれば現在でも Linux 上で動作可能だが、Microsoft が検討しているのは Linux ネイティブで動作するもの。Microsoft 社内では、すでに部分的には移植が完了しているという。

だが、なぜ Microsoft は Linux 版の Office を検討しているのだろうか? Phoronix はその理由として、米国政府機関などでの Linux の採用増加をあげている。これにともない、政府顧客による、MS Office から LibreOffice や OpenOffice といったオープンソースオフィススイートへの切り替えも増加しつつある。Microsoft は、Linux 版の MS Office を提供することで、これら既存の Office 顧客の流出を防ぐのが狙いだと Phoronix は見ている。

Microsoft の Office に関しては昨年末、同社が 2013年の初頭に Android OS および iOS 対応版の MS Office を提供開始予定であると報じられている。