大阪の NTT ネオメイトは、メガネ型 Web カメラデバイス「view っとめがね」と PC/タブレット端末、映像通信サービスをセットにした「AQStage e-Glasses スタートパック」の販売を開始した。

「view っとめがね」は、福井県の三工光学が製造する、メガネフレームと Web カメラ、マイク、スピーカーが一体化したカメラデバイス。

NTT ネオメイトは昨年10月から「view っとめがね」を販売しているが、「view っとめがね」を単体ではなくすぐに利用できるパッケージで販売してほしいという顧客からの要望が数多くあり、それに応えるべく、今回オールインワンパッケージで利用できる「AQStage e-Glasses スタートパック」の販売を開始した。

大阪の NTT ネオメイト、メガネ型 Web カメラを使った映像通信サービスを販売
「view っとめがね」の概観

「AQStage e-Glasses スタートパック」では、「view っとめがね」、PC/タブレット端末、映像通信サービスを使用、「view っとめがね」で見た映像と使用者の音声を、ハンズフリーで遠隔地に情報伝達できるシステム。

従来の定点 Web カメラや手持ち型カメラ映像とは異なり、使用者目線の映像をハンズフリーで共有できる。

「viewっとめがね」では、耳を塞ぐイヤホンやヘッドフォンではなく、骨伝導ヘッドフォンを採用しているため、周囲の音を聞くことができる。「viewっとめがね」は、カメラ、指向性マイク、骨伝導ヘッドフォン機能を内蔵しているが、本体重量は約60gで、長時間装着していても疲れにくい軽量モデル。

映像通信サービスは多地点接続できるため、装着している使用者の映像を、複数の場所で共有できる。

利用イメージ
利用イメージ

このサービスは、災害現場などの被災状況把握、工事現場や機器などの保守における遠隔支援、警察・警備サービス分野での警備支援、製造業の工場・倉庫の状況把握、学校やカルチャースクールでの遠隔指導などでの利用を想定している。