日本 IBM は、全社データを、データ形式や保管場所を問わず自動検索で1つのポータル画面に可視化する「IBM InfoSphere Data Explorer V8.2」(Data Explorer V8.2)の販売を開始した。

これは、Vivisimo 社(2012年4月に買収を発表)統合後初めての製品。データベースや電子メール、文書ファイルや Web ページなど、物理的に異なるサーバーに格納された社内データを、1つのポータル画面にメニュー表示し、キーワードで検索できる。

ポータル画面でキーワード検索すると、複数得られた検索結果を他のキーワードで分類した結果や、検索キーワードを含む情報がいつ頃多く作成されたか、また、これまでにどれくらい閲覧されているか、などをヒストグラムで表示したグラフィカルな画面などが表示される。

閲覧情報にタグをつけて再検索を簡単にしたり、コメントを追加して他のユーザーと自身の知見を共有できる。

セキュリティ機能もあり、ユーザーは、ユーザー ID/パスワード入力でポータル画面にログイン、閲覧を許可されたデータのみにアクセスできる。

IBM、社内の全データを検索してポータル表示するソフトウェアを販売
IBM InfoSphere Data Explorer V8.2 画面イメージ