日立は、サーバー仮想化分野で日本マイクロソフトとの連携を強化する。

具体的には、仮想化機能「Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V」(Hyper-V)と、日立の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」に搭載されているサーバー論理分割機構「Virtage」(バタージュ)を組み合わせ、効率的なクラウド運用ソリューションを開発する。またその開発、販売に向けて、「Virtage for Hyper-V ソリューションセンター」を共同で開設し、2013年度上期(4〜9月)にソリューションの販売を開始する。

今回の連携強化に先立ち、両社は、論理的に分割した独立性の高いサーバー区画(LPAR:Logical PARtitioning/Logical PARtition)で、複数のサーバー仮想化ソフトウェアが安定的に動作できるようにする Virtage の最新技術に、Hyper-V を適用できることを共同で検証した。

日立は、新たに共同開設したセンターで、この検証結果をもとに、Hyper-V と Virtage の組み合わせで、効率的にクラウドを運用できる「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」を開発、2013年度上期から販売を開始する。このソリューションでは、1台の物理サーバーに複数の Hyper-V 環境を集約できるようになる。

さらに、日立は、2013年度中に日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」へ「高信頼サーバ仮想化ソリューション for Hyper-V」を適用する予定。

近年、サーバー仮想化技術を活用したクラウドの導入が加速しているが、マルチテナントのクラウドシステムでは、サーバーを効率的に利用するため、1台の物理サーバーに複数テナントの仮想サーバーを集約するケースが増加している。このようなシステムでは、隣接するテナントの負荷変動に伴う性能低下の防止や、テナント間のセキュリティ確保、仮想サーバーの管理、障害発生時の独立性の確保などが課題となっている。

また、仮想化技術の浸透と発展に伴い、IT システムが仮想化ソフトウェアの利用/管理を前提として設計されるようになっており、仮想化ソフトウェアが動作するサーバー環境のより迅速かつ効率的な提供が求められている。

日立と日本 MS、Virtage と Hyper-V でクラウド運用ソリューションを開発
Virtage、VMware、Hyper-V(出典:日立)