サイオステクノロジーは、2月1日から HA クラスタソフトウェア「LifeKeeper」を使ったシステム構築ナレッジを無償で公開する。

同社では、Oracle データベースや Apache ソフトウェア向けに、LifeKeeper で HA クラスタシステムを構築するためのオプションとして、「Application Recovery Kit」(ARK)を販売している。

一方、ARK を提供していないソフトウェアでは、LifeKeeper に含まれる Generic ARK を使って、ユーザー自身がソフトウェアの可用性を確保するスクリプトを作成して、ARK と同様の機能を持たせることができる。ただし、スクリプトを作成するには、Generic ARK の知識が必要で、ユーザーやパートナー企業にとっては負担となっていた。

これを解決するために、構築ナレッジを公開するもの。まずは、導入実績の多い Tomcat の HA クラスタシステム構築向けに、LifeKeeper for Linux 版 Generic ARK を使った構築ガイドを公開する。

同社では今後対象ソフトウェアを増やし、順次公開していく計画。

HA(High Availability:高可用性)クラスタソフトウェアとは、障害発生時に情報システムを待機用システムに自動的に切り替え、システムがダウンするのを回避するソフトウェアのこと。コンピューターシステムの可用性(アベイラビリティ)を高めるために、複数台のコンピューターを連結して、障害発生時に待機用システムに自動的に切り替え、機能を引き継ぐ仕組みが、HA クラスターシステム。

サイオス、LifeKeeper によるクラスタシステム構築ナレッジを無償公開
LifeKeeper などのユーザーサイト