HOYA サービスは、ヒト型ロボットを国際宇宙ステーション(ISS)に滞在させる取り組み「KIBO ROBOT PROJECT」に技術協力し、同社の音声合成エンジン「VoiceText」を提供すると発表した。

ロボットを宇宙へ打ち上げる「KIBO ROBOT PROJECT」、HOYA が音声合成エンジン「VoiceText」を提供
「KIBO ROBOT PROJECT」に採用された「VoiceText」

KIBO ROBOT PROJECT は、電通/東京大学先端科学技術研究センター/ロボ・ガレージ/トヨタ自動車が進める宇宙開発プロジェクト。ISS の日本実験棟「きぼう」内において、宇宙飛行士とヒト型ロボットとのコミュニケーションや、地上に向けた情報発信などを行なうという。同プロジェクトは、2012年11月からロボットの名称を募集していた。2013年春にはロボットを完成させ、同年夏にロボットを宇宙ステーションに滞在させる予定という。

ヒト型ロボットのデザイン画
ヒト型ロボットのデザイン画

VoiceText は、英語(米国、英国)/フランス語/スペイン語/日本語/韓国語/中国語などで音声合成ができる HOYA サービスのソフトウェア。音声が明瞭で、イントネーションが流暢な点が特徴だという。NTT ドコモの音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」にも採用されている。

宇宙における人とロボットとのコミュニケーション実験は、日本人初の国際宇宙ステーション船長となる若田光一氏とヒト型ロボットとの間で行なわれる。ロボットが自由自在にセリフを喋り、円滑な対話を実現するために VoiceText が使われるという。