米国 Google の研究者は、パスワードに代わる新たな認証技術の開発に取り組んでいる。これが実用化されれば、コンピューターへのログインにスマートフォンや指輪を使用することになるかもしれない。

Wired は、この件を次のように伝えた。

「Gmail アカウントにもっと簡単にログインする方法が欲しい? だったら、指輪をはめた手でコンピューターをタップするだけ、というのはどうだろう?この技術は、あなたが考えているより早く実用化されるかもしれない。Google のセキュリティチームは、指輪を使った認証方式に関するレポートを、今月終わりに出版される技術系雑誌『IEEE Security & Privacy Magazine』で発表する。同レポートでは、セキュリティ部門担当 VP の Eric Grosse 氏と、エンジニアの Mayank Upadhyay 氏が、パスワードに代わる新たな認証方式についての概略を述べている。そして、そのような新技術が実用化されるのは時間の問題のようだ」

VentureBeat は、Google の研究者の発言を引用している。

「他の IT 技術がすぐに陳腐化してしまうのと同様、パスワードやクッキーといった技術も、もはやユーザーのプライバシー保護には不十分なものになってしまっている」

Telegraph は、具体的な Google の研究内容について伝えた。

「Grosse 氏と Upadhyay 氏は現在、高いレベルのセキュリティを提供する『ワンタイムパッド』の暗号化技術を埋め込んだ USB スティック『YubiKey』のテストを実施していると述べた。彼らのもとでは、これはすでにパスワードの代わりとして機能させることが可能となっており、Google サービスへのログインで利用可能だという。だが、Google は近い将来、この認証技術をさらに発展させ、ワイヤレスですべてのオンラインアカウントに認証可能な新技術を開発したいとしている」

パスワードは時代遅れに?−Google がスマートフォンや指輪を使った認証方式を研究


ZDNet もまた、Google 研究者の発言を引用している。

「Google は利用者のスマートフォンやスマートカードを埋め込んだ指輪を使った認証を実現したいと考えている。そのようなデバイスでコンピューターをタップすることで、認証が可能になるシステムだ。認証には、スマートフォンが携帯電話回線につながっている必要はない」