Linux アプリケーションを企画・開発・販売するクラスキャットは、XEENUTSアシストと協業、「CLOUDIVA SmartPlus Enterprise Edition」の新たなラインアップとして、「Ericom Model」の販売を2月から開始する。

また、ダイワボウ情報システムからは、あらかじめ動作検証を行い、最適なサイジングを施した IBM ハードウェアにプリインストールした「EVP CLOUDIVA SmartPlus」シリーズとして、販売を開始する。

CLOUDIVA SmartPlus Enterprise Edition(Ericom Model)は、スモールスタートできるオールインワンの BYOD(Bring Your Own Device:私有 IT 機器の業務利用)構築ソリューション。 10同時接続ユーザー構成からと、低コストで導入できる。プライベートクラウド基盤を採用しており、必要なハードウェアを追加して、シームレスに規模を拡大できる。

Ericom Model は、以下の4つの商用ソフトウェア製品から構成されている。

1つめは、XEENUTS が提供する EXGATE で、デバイス認証とアプリケーション制御を行う。シングルサインオン/ユーザーごとに利用するアプリケーションを制御できる。

2つめは、アシストが提供する  Ericom PowerTerm WebConnect で、アプリケーション/ デスクトップ仮想化を行う。

3つめはオプションで、日本 IBM が提供する、IBM Endpoint Manager for Mobile Devices で、マルチクライアント運用・管理を行う。

4つめはクラスキャットが提供する ClassCat Cloud Enterprise Edition で、プライベートクラウド運用・管理を行う。