米国 Google は14日、Chrome 25 のベータ版をリリースした。開発者向けの新機能「Web Speech API」が搭載されている。

Web Speech API とは、JavaScript API の一種。これを利用することで、開発者は Web アプリに音声認識機能を組み込めるようになる。

Google は以前から Android 対応スマートフォンへの音声認識機能の導入を推進してきたが、同社はデスクトップブラウザの世界にも音声認識機能を持ち込みたいと考えていたという。Google は Web Speech API の導入により、例えば音声入力できるエディタや、音声で操作可能なゲームなどの Web アプリの開発が容易になるとしている。

Google は、この API を利用したデモページ「Web Speech API Demonstration」を公開している。PC にマイクが取り付けてあれば、同デモページにアクセスして音声で文章を入力し、メールとして送信することが可能だ。

Google、Chrome 25 のベータ版をリリース−音声認識 Web アプリを開発可能にする「Web Speech API」を搭載
Web Speech API のデモページ

Chrome 25 のベータ版にはこの他、「新しいタブ」への検索ツールも追加されている。Chrome 25 のベータ版は、同社の Web サイト「Try out Google Chrome Beta」からインストールできる。