メールアプライアンスメーカーのミラポイントジャパンは、メールサーバーアプライアンス「Mirapoint Message Server 8」と、メールセキュリティアプライアンス「Mirapoint RazorGate 8」の最新シリーズを発表、販売を開始した。出荷開始は1月下旬の予定。

これらの新シリーズでは過去最大規模でハードウェアを刷新、従来シリーズと比較すると、同等のハードウェア価格でメモリが最大5倍以上に、ストレージ容量は最大約4倍に増強されている。

ミラポイントのメールアプライアンスは、独自のメール専用 OS「Mirapoint Messaging Operating System」(MOS)を搭載するもので、既知のハッカー攻撃が存在しない。また、Mirapoint Message Server は、1台で、POP/IMAP のほか、スマートフォン対応 Web メール機能もあり、クラウドサービスへの移行に慎重で、オンプレミス型のメール運用を希望する企業に向いている。

Mirapoint Message Server 8 のハードウェア刷新の一例としては、従来のハイエンドモデル「Mirapoint Message Server M7700」(M7700)で最大 2.3TB だった内蔵ストレージ容量が、新シリーズの「Mirapoint Message Server M8800」(M8800)では最大 7TB となり、SAN ストレージなどの外付けディスクストレージなしで、1台のメールサーバーでメール運用を完結できるようになった。

また、SAN 対応モデルは、これまで大規模組織向け「Mirapoint Message Server S7000」(S7000)の1モデルだったが、新シリーズでは S7000 の後継機「Mirapoint Message Server S8000」(S8000)のほかに、中小規模向け「Mirapoint Message Server S800」(S800)が追加された。

Mirapoint RazorGate(RG)は、従来「RG 170」「RG 700」「RG 7000」の3モデルだったが、新シリーズでは、「RG 180」(RG 170 の後継)、「RG 280」(新モデル)、「RG 800」(RG 700 の後継) 「RG 8000」(RG 7000 の後継)の4モデルになる。各後継モデルは、プロセッサ、メモリ、ストレージともにグレードアップし、新しく追加されたエントリモデルの RG 280 は、NIC フェイルオーバーだけでなく、RAID ディスク、ホットプラグ電源など、上位モデルと同様の冗長性がある。

ミラポイントがメールアプライアンスのハードウェアを大幅に刷新、メモリは最大5倍以上
Mirapoint Message Server

アップグレード比較
アップグレード比較